障がい者災害時支援バンダナを配布

『障がい者災害時支援バンダナ』を寄贈されました

平成30年3月15日に鴻巣ライオンズクラブ様から、災害時に障がい者が支援を受けやすいよう目印になる「障がい者災害時支援バンダナ」500枚が寄贈されました。寄付団体の意向により、市内の障がい者団体・支援団体及び必要な方に配布しております。

 

贈呈式の様子

災害時支援バンダナ

1 バンダナについて

このバンダナは災害時に支援を必要とする障がい者が身につけることにより、周囲の支援が必要であることをわかりやすくし、支援が受けやすいよう目印とするものです。
災害時援助用バンダナを見かけた際には、筆談や手話のできる方へつなげていただくなど、皆様方のご支援ご協力をお願い致します。

 

2 バンダナデザイン

サイズ    80センチ×80センチ 黄色と紫の2色 

 デザイン 四隅に「目が不自由です」「耳が聞こえません」「手話ができます」「避難に支援が必要です」のメッセージが入っています。
 

3 バンダナ使用方法

バンダナに記されているメッセージが見えるように背中に羽織るなどして使用します。
また、災害時において、けがをしたときの止血用の布や包帯の代用としての活用もできます。
なお、日常生活において、支援の必要に応じて使用することもできます。

 

バンダナ手話ができます

バンダナ耳が聞こえません

『障がい者災害時支援バンダナ』の配布について

障がい者災害時支援バンダナは下記窓口でも配布を行っております。

ご希望の方は配布窓口までお越しください。

 

【配布窓口】   鴻巣市役所福祉課 鴻巣市社会福祉協議会

 

この記事に関するお問い合わせ先
福祉課障がい福祉担当
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1
(新館1階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-541-1328
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2018年8月27日