【平成29年度受付終了】鴻巣市住宅リフォーム資金補助事業

【平成29年度の申請受付は終了しました】平成29年度鴻巣市住宅リフォーム資金補助金について

平成29年度は予算額に達したため、受付を終了いたしました。予めご了承ください。

市では市民の居住環境の向上と地域経済の活性化を図るため、市民が、市内の施工業者を利用して、自己の居住する住宅のリフォームを行う場合に、その経費の一部を補助します。

市内の施工業者とは…

本市に主たる事業所を有する法人又は住所を有する個人事業主に限ります。

・必ずお読みください。

鴻巣市住宅リフォーム資金補助事業について、申請から補助金交付までの流れをまとめましたので、必ずお読みください。

鴻巣市住宅リフォーム資金補助事業について(PDF:260.2KB)

対象者

次のすべてに該当する方

1.市内に居住し、住民登録をしていること。

2.対象住宅(集合住宅の場合は、専有部分)の所有者であり、かつ、居住していること。

3.市税の滞納がないこと。

補助対象工事

1.工事費が20万円以上(消費税別)で、市内施工業者(市内に主たる事業所を有する業者に限ります)が行う住宅改修工事

2.市で実施している補助金又は助成金の制度による補助対象工事を除いた工事

3.補助金申請後、交付決定を受けてから着工され、平成30年3月31日までに完了する工事

補助金の申請前に、住宅改修工事が既に着工されていたり、完了しているものは対象になりません。

住宅改修工事とは

建物の内外装の修繕等、建物の増築及び間取りの変更、居室・浴室・玄関・台所・トイレ等の改良・改善など。

上記の住宅改修工事に含まれない工事
• 造園・門扉・ブロック塀等の外構工事
• 車庫・倉庫の設置等
• エアコンの設置等の単なる備品設置工事

市で実施している補助金又は助成金の制度とは

下記の制度による補助対象工事は、「鴻巣市住宅リフォーム資金補助事業」の対象から除かれます。

・介護保険で利用できるサービス〈住宅改修費支給〉(長寿いきがい課)

介護保険で利用できるサービスについて

・鴻巣市木造住宅耐震診断及び耐震改修助成事業(建築課)

鴻巣市木造住宅耐震診断及び耐震改修助成事業(補助制度)

・鴻巣市住宅用新・省エネルギー機器設置補助事業(環境課)

新・省エネルギー機器をご自宅に設置される方に補助金を交付しています。(平成29年度)

・浄化槽の維持管理、補助金について(環境課)

浄化槽の維持管理、補助金について

詳細については、各担当へお問い合わせください。

補助率・補助限度額

税抜き工事費の5パーセントに相当する額(千円未満は切捨て)で、10万円を限度とします。

・見積り金額と工事金額のうち、いずれか低い額を補助対象とします。

・補助金の交付は、一の住宅につき1回限りとします。

ただし、当該住宅の所有者に変更があった場合は、この限りではありません。 

申請方法

平成29年4月3日(月曜日)から、産業振興課へ下記の書類を持参してください。

ただし、申請の前に、あらかじめご相談ください。
なお、申請額が、予算額に到達した時点で受付を終了します。

補助金申請に必要な書類

・鴻巣市住宅リフォーム資金補助金交付申請書

【様式】補助金申請書(PDF:115.4KB)

・住民票(世帯全員が記載されたもの)の写し

・住宅の固定資産税(土地・家屋)の課税明細書の写し

・改修工事の見積書の写し

・設計図

・案内図(対象住宅の位置図)

・改修工事予定の現場写真

・委任状(本人以外が申請の場合)

委任状(本人以外が申請の場合)【様式例】(PDF:60.3KB)

その他、住宅リフォームに係る市のサービスについて

・住宅耐震改修に伴う固定資産税の減額措置について(資産税課)

住宅耐震改修に伴う固定資産税の減額措置について

・住宅のバリアフリー改修に伴う固定資産税の減額措置について(資産税課)

住宅のバリアフリー改修に伴う固定資産税の減額措置について

・住宅の熱損失防止(省エネ)改修に伴う固定資産税の減額措置について(資産税課)

住宅の熱損失防止(省エネ)改修に伴う固定資産税の減額措置について

・水洗化改造資金融資あっせん制度について(下水道課)

水洗化改造資金融資あっせん制度について

・勤労者住宅資金貸付制度ご案内(産業振興課)

勤労者住宅資金貸付制度ご案内

詳細については、各担当へお問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先
産業振興課商工労政担当
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(本庁舎1階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-577-8462
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年12月20日