学生納付特例制度

学生の方は・・・

 これまで、学生は国民年金への加入が自由でしたが、法律の改正により、平成3年4月1日より、加入が義務づけられました。これにより、病気やケガで万一、障がいがおきた場合、障がい基礎年金を受けられるようになりました。
 所得が少なく保険料を納めることが困難な20歳以上の学生の方については、学生納付特例制度という保険料が猶予される制度が利用できます。

対象となる学生

大学(大学院)、短大、高等学校、専修学校および各種学校、一部の海外大学等、などに在学する20歳以上の学生等で、学生本人の前年所得が118万円以下の方

  1. 各種学校の学生は、修業年限が1年以上で、都道府県等の認可を受けている学校が対象となります。
  2. 文部科学大臣が個別に指定した課程に在籍する学生も対象となります。
  3. 夜間部、定時制、通信制の学生も対象となります。

承認期間

4月(または20歳誕生月)から翌年3月までです。

手続きに必要な書類

  1. 年金手帳
  2. 認印(本人が署名する場合は不要)
  3. 学生証(コピーの場合は両面)または在学証明書
  4. 他の市区町村から転入された方は、前年の所得状況〔各種控除内容(社会保険料控除、医療費控除等)も記載されている〕を証明するもの
  5. 失業などを理由とするときは、次のいずれかの添付が必要です。
    雇用保険受給資格者証(コピー可)
    雇用保険被保険者資格喪失確認通知書(コピー可)
    雇用保険被保険者離職票(コピー可)
    離職者支援資金貸付制度の貸付を受けた場合は「貸付決定通知書」(コピー可)

 

詳しくは、日本年金機構のホームページをご覧ください

この記事に関するお問い合わせ先
国保年金課年金担当
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(新館1階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-542-9818
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2018年5月16日