お医者さんにかかるとき

 病院などの窓口で国民健康保険被保険者証を提示(70歳以上の人は高齢受給者証も併せて提示)し、年齢などに応じた自己負担割合(下記参照)を支払うことで、お医者さんの診療を受けることができます。

 

自己負担割合

義務教育就学前

2割

義務教育就学後から70歳未満

3割

70歳以上75歳未満 

2割(昭和19年4月1日以前に生まれた方は1割)
注釈)現役並み所得者がいる世帯は原則3割(一部例外あり)

注釈)現役並み所得者とは、住民税課税所得が145万円以上である70歳以上75歳未満の国保被保険者です。また、一部例外の詳細については、「国民健康保険高齢受給者証について」を参照してください。

この記事に関するお問い合わせ先
国保年金課保険担当
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(新館1階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-542-9818
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2016年3月15日