国民健康保険の加入・脱退

国民健康保険について

 国民健康保険(国保)は、病気やけがをしたときに、安心してお医者さんにかかることができるように、各自の収入などに応じてお金を出し合い、みんなで助け合おうという制度です。
 職場の健康保険、後期高齢者医療制度で医療を受けている人や生活保護を受けている人を除いてすべての人が国保に加入しなければなりません。
 また、適法に3ヶ月を超えて在留する外国人で市内に住所を有する方のうち、他の健康保険等に加入していない方は、上記同様国保に加入しなければなりません。
(在留期限が3ヶ月以内であっても、一定要件を満たす方は国保の加入対象です。)

国保の手続き

 下記を参考にして、世帯内に異動があったときは、14日以内に国保年金課または吹上支所福祉グループ・川里支所福祉グループに届け出てください。
 国保に関するお手続きには、下表に記載の書類のほか、本人確認書類(運転免許証等)及び国保異動対象者と世帯主のマイナンバーを確認できるもの(通知カード等)が必要です。

国保に加入するとき
こんなとき 届け出に必要なもの
ほかの市区町村から転入してきたとき 市民課の住民異動票、印かん
職場の健康保険をやめたとき、被扶養者ではなくなったとき 資格喪失証明書(資格喪失日や被扶養者の喪失日がわかるもの)、印かん
生活保護を受けなくなったとき 保護廃止決定通知書、印かん
外国籍の人が加入するとき 在留カード、印かん、在留資格が「特定活動」の方は指定書

国保をやめるとき
こんなとき 届け出に必要なもの
ほかの市区町村に転出するとき 国民健康保険被保険者証、印かん
職場の健康保険に加入したとき、被扶養者になったとき 国民健康保険と職場の健康保険の両方の被保険証(後者が未交付の場合は加入したことを証明するもの)、印かん
国保被保険者が死亡したとき 国民健康保険被保険者証、印かん
生活保護を受け始めたとき 保護開始決定通知書、国民健康保険被保険者証、印かん

 

その他
こんなとき 届け出に必要なもの
市内転居をしたとき 国民健康保険被保険者証、印かん
世帯主や氏名が変わったとき 国民健康保険被保険者証、印かん
世帯が分かれたり、一緒になったとき 国民健康保険被保険者証、印かん
修学のため他の市区町村に住所を定めるとき 在学証明書、国民健康保険被保険者証、印かん
国民健康保険被保険者証を紛失(破損)したとき 印かん

 

退職者医療制度

 平成26年度までに会社や役所を退職して、年金(厚生年金、共済年金など)を受けられる65歳未満の人とその被扶養者は、「退職者医療制度」で医療を受けます。

  1. 対象となる人
    ・国保に加入している人
    ・65歳未満の人
    ・厚生年金や各種共済組合などの年金を受けられる人で、その加入期間が20年以上、もしくは40歳以降10年以上ある人
  2. 被扶養者とは
    ・退職被保険者の直系尊属、配偶者(内縁でもよい)と3親等以内の親族
    ・65歳未満で、年間の収入が130万円未満(60歳以上や障がい者で公的年金等に係る収入がある場合は180万円)

任意継続保険

 会社を退職しても一定の条件を満たせば、引き続きその職場の健康保険に加入することができます。詳細については、加入していた健康保険組合等に確認してください。

この記事に関するお問い合わせ先
国保年金課保険担当
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(新館1階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-542-9818
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2016年3月28日