償却資産(固定資産税)に対する課税

償却資産のあらまし

1.償却資産とは

  固定資産税の対象となる償却資産とは、賦課期日(1月1日)現在、土地及び家屋以外の事業の用に供することができる資産で、その減価償却額又は減価償却費が法人税法、所得税法の規定による所得の計算上損金や必要な経費に算入されるもののうち、取得価格が少額である資産、その他政令で定める資産以外のものをいいます。
  なお、「事業の用に供する」とは、必ずしも所有者がその償却資産を自己の事業のために使用する場合だけではなく、事業として他人に貸し付ける場合においても、償却資産に該当することとなります。

2.償却資産の主な種類について

償却資産の対象となる主な資産を種類別に例示しますと次のとおりです。

償却資産の主な種類

種類

主な償却資産

構築物

門、塀、構内舗装(駐車場の舗装も含む)、屋外排水溝、煙突、広告塔、貯水池、水槽、庭園、その他土地に定着した土木設備等 

建物付属設備

  1. 建物の所有者が施工した建物附属設備は、家屋として評価するものと償却資産として評価するものとに区分されます。
  2. 本来家屋の一部として評価すべき建物附属設備や内部造作であっても建物の所有者以外の者が施工した場合は、償却資産として取り扱うことができます。

機械及び装置

工作機械、木工機械、印刷機械、食品製造加工機械、モーターポンプ類等の汎用機械類、土木建設機械(ブルドーザー、パワーショベル等の大型特殊自動車)、その他各種産業用機械及び装置

船舶

貨物船、油槽船、客船、ボート、はしけ、漁船等

航空機

飛行機、ヘリコプター、グライダーなど

車両及び運搬具

大型特殊自動車( 分類番号「9 」または「0 」の車両) 、動力運搬車、貨車など

工具・器具及び備品

測定工具、検査工具、取付工具、ロッカー、金庫、パソコン、レジスター、陳列ケース、ステレオ、テレビ、ルームエアコン、冷蔵庫等

 

3.業種ごとの主な償却資産

償却資産の対象となる主な資産を業種別に例示しますと次のとおりです。

業種ごとの主な償却資産

種類

主な償却資産

各種業種共通のもの

駐車場設備、受変電設備、舗装路面、庭園、門、塀、外構、ネオンサイン、広告塔、中央監視制御装置、看板、簡易間仕切、応接セット、ロッカー、キャビネット、エアコン、パソコン、コピー機、金庫など

事務所

応接セット、キャビネット、ロッカー、金庫、パソコン、コピー機、タイムレコーダー、テレビ、看板、ネオンサイン、ルームエアコンなどの冷暖房設備など

喫茶店・飲食店

カウンター、室内装飾品、金庫、レジスター、テレビ、ステレオ、ジュークボックス、放送設備、タオル蒸器、冷暖房設備、冷蔵庫、ガスレンジ等の厨房用品、製麺機、モーター、日よけ、看板、ネオンサイン、自動販売機など

理容業・美容業

理・美容いす、応接セット、消毒殺菌器、タオル蒸器、ドライヤー、赤外線灯、洗面設備、テレビ、ルームエアコン、レジスター、サインポール、ネオンサインなど

クリーニング業

洗濯機、脱水機、ドライ機、スリーブ、プレス、ミシン、看板など

医療・薬局業

薬品戸棚、陳列ケース、ベッド、キャビネット、分包器、顕微鏡、エックス線装置、心電計、消毒殺菌用機器、手術台、光学検査機器、歯科診療用ユニット、投影機、保育器、冷蔵庫、レジスター、ルームエアコン、給食用厨房器具、ネオンサイン、看板など

小売業

ショーウインドウ、陳列ケース、レジスター、自動販売機、冷蔵ストッカー、店舗簡易装備、間仕切り、日よけ、エアコン、看板、ネオンサインなど

食肉・鮮魚販売業

冷蔵庫(室)、冷凍機、陳列ケース、肉切機、挽肉機、ポンプ、レジスターなど

精米業

精米機、調質装置、混米機、レジスターなど

ガソリン給油業

ガソリン計量機、リフト、充電器、コンプレッサー、照明設備、看板、地下タンク、テレビ、キャビネット、消火器、金庫、自動販売機、構内舗装、キャノピー、レジスターなど

自動車修理業

旋盤、プレス、ホーニング、リフト、チエンブロック、オイルクリーナー、カーウオッシャー、コンプレッサー、溶接機、充電器、コンデンサー、グラインダー、万力、ドリル、検査工具、取付工具、切削工具、金庫など

金属製品
組立加工業

ブロックゲージ、トランスショッパー、ポンプ、ポータブル発電機、ブルドーザー、パワーショベル、コンクリートカッター、ミキサーなど

自動車整備業
ガソリン販売業

旋盤、ボール盤、定盤フライス盤、プレス、シャーリング、研磨機、カッター、グラインダー、モーター、溶接機、コンプレッサー、クレーン、検査工具、取付工具、切削工具など

製パン業・製菓業

窯、オーブン、スライサー、あん練機、ミキサー、厨房設備、ビニール包装設備など

駐車場業

柵、照明等の電気設備、駐車装置(機械設備、ターンテーブル) など

工場

受変電設備、旋盤、ボール盤、プレス機、金型、洗浄給水設備、構内舗装、溶接機、貯水設備、福利厚生設備など

印刷業

各種印刷機、活字盤鋳造機、裁断機など

建設業

ブロックゲージ、トランスショッパー、ポンプ、ポータブル発電機、ブルドーザー、パワーショベル、コンクリートカッター、ミキサーなど

ゴルフ練習場

フェンス、ネット設備、照明設備、芝刈機、ボール洗浄機、ボール自動貸出機、レジスター、集球設備、駐車場設備など

カラオケボックス

カラオケセット、接客用家具、駐車場設備、照明設備など

 

平成29年度の申告についての詳細は、下記のページをご覧ください。

平成29年度償却資産の申告について

この記事に関するお問い合わせ先
資産税課家屋担当
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1
(新館2階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-542-9818
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2016年12月5日