マイ・タイムラインを作成しましょう【動画有り】

マイ・タイムラインを作って水害に備える

風水害は比較的事前に予測しやすい災害です。その時に慌てず行動できるよう、マイ・タイムラインを作りましょう。

風水害を取り巻く状況

近年、全国で記録的な豪雨により大規模水害が発生しています。今後、地球温暖化に伴う気候変動により、こうした豪雨もより強く、より頻発する可能性が高いとも言われています。
雨や風はある程度事前に予測できるので、注意深く状況を把握し、風水害が発生する前の避難を心掛けましょう。

マイ・タイムラインを作って風水害に備えましょう

マイ・タイムラインとは
マイ・タイムラインとは台風の接近や大雨による風水害等によって河川の水位が上昇する時に、自分自身がとる標準的な防災行動を時系列に整理し、まとめたものです。
避難に必要な知識を習得し、適切な行動ができるように家族で話し合っておいてください。

マイ・タイムラインでできること
・河川の氾濫や土砂災害といった、風水害の特徴や避難行動の目安となる気象情報、避難情報の意味などの風水害に関する知識を習得できます。

・個人や地域の実情に合った、それぞれのマイ・タイムラインを作成できます。

 

マイ・タイムラインを作るために

自分にとって必要な情報を確認して、自分だけのマイ・タイムラインを作りましょう。

1 ハザードマップで身近に起こりやすい風水害・土砂災害のリスクを知る

ハザードマップとは
災害による被害が想定されるエリアや、指定避難所などを表示した地図をハザードマップといいます。

水害ハザードマップ ( 記事面 、 地図面 )
地震ハザードマップ ( 地域危険度マップ 、 揺れやすさ・液状化マップ )

自分の住んでいる地域のハザードマップを確認
自宅周辺のハザードマップを見て、どのような災害が想定されているか確認しましょう。

ハザードマップの確認方法
自宅が、浸水や土砂災害の恐れがあるエリア内にある マイ・タイムライン上段右端の周囲の状況欄に浸水や土砂災害の恐れがあることを記入しましょう。
自宅が、浸水や土砂災害の恐れがあるエリアに近い
自宅が、浸水や土砂災害の恐れがあるエリアから離れている 災害の恐れがないとされていますが、想定をはるかに超えることもあり得ます。対応を考えて備えておくことが大切です。

2 自分に必要な気象情報・避難情報を確認する

避難の準備や開始のタイミングの目安となるのは、最新の気象情報や避難情報です。安全に行動できるよう、発表される情報に注意しましょう。

3 避難開始のタイミングに注意しながら、より安全な避難行動を考える

避難の準備
・避難する時に持ち出す非常持出品を手元に用意しましょう。
・常備薬が必要なかたや、一緒に避難するペットがいる方など、避難所の備蓄品では対応が難しい方は、必要な準備をしましょう。
・親戚や知人など、連絡が必要な人を確認しましょう。

避難の手順
・避難所の場所と、そこへ行くまでの道を確認しましょう。近道だとしても、河川などの水辺付近は危険ですので避けましょう。
・近所の避難行動要支援者を確認しましょう。また、そこから避難所までの道に危険がないかも確認しましょう。

 

確認した情報を書き込んで、マイ・タイムラインを完成させましょう。

 

マイタイムラインの作成動画はこちら(鴻巣市YouTubeチャンネル)

マイ・タイムライン様式

マイ・タイムラインの様式と記入例です。

マイ・タイムライン
マイ・タイムライン (PDF:376.5KB)

 

マイ・タイムライン(記入例)
記入例
マイ・タイムライン(記入例) (PDF:689.5KB)

関連リンク

eラーニングで楽しく学ぶ「自らの命を自らが守る」(気象庁HP)

マイ・タイムライン(国土交通省関東地方整備局HP)

風水害への備え(埼玉県HP)

この記事に関するお問い合わせ先
危機管理課
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(新館2階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-542-9818
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2020年10月22日