人権施策に関すること

21世紀は人権の世紀といわれておりますが、現在、世の中にはさまざまな人権侵害が発生しています。自分の人権のみを主張して他人の人権をかえりみない風潮が見受けられます。

【人権問題】

•女性の人権・・・ドメスティック・バイオレンス、セクシュアル・ハラスメント
•子どもの人権・・・体罰、買春、いじめ
•高齢者の人権・・・身体的精神的虐待、社会参加の困難性
•障がい者の人権・・・偏見、差別
•同和問題・・・結婚差別、差別落書き、えせ同和行為
•アイヌ民族の人権・・・民族への偏見、差別
•外国人の人権・・・居住就労での差別、偏見
•HIV感染者等の人権・・・HIV感染者の生活困難
             ハンセン病完治者の社会復帰困難
•刑を終えて出所した人の人権・・・偏見による居住就労困難
•犯罪被害者やその家族の人権・・・プライバシー侵害
•インターネットによる人権侵害・・・匿名性を利用した差別扇動
•北朝鮮当局による拉致問題等・・・人権侵害
•性同一性障がいや同性愛者の人権・・・偏見、差別
 

このような人権問題の解決のため、市では講演会・研修会を実施したり
広報紙や啓発冊子により人権意識の高揚を図っています。
相手の人格・個性を尊重し、住みよい鴻巣をつくっていきましょう

この記事に関するお問い合わせ先
やさしさ支援課
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(本庁舎4階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-577-8466
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2016年3月1日