浄化槽の維持管理、補助金について

平成29年度 第2回 合併処理浄化槽設置補助金の募集について

平成29年度第2回 合併処理浄化槽設置補助金の募集を下記のとおり行います。

                      記

募集受付期間  平成29年10月23日(月曜日)~平成29年10月31日(火曜日)の

                        土曜日及び日曜日を除く午前9時 ~午後4時

補助予算額   10,977,000円 

       (注意)予算額を上回る申し込みがあった場合は、平成29年11月2日(木曜日)の

         午前10時に本庁舎大会議室で公開抽選を行います。補助予算額に到達

         しない場合は、平成29年12月22日(金曜日)まで随時、受付を行います。

申し込み方法  家庭雑排水処理事業補助金事前申込書を環境課へ提出

その他、詳細につきましては、鴻巣市家庭雑排水処理事業補助金募集要項をご覧ください。          

 

鴻巣市家庭雑排水処理事業補助金募集要項(PDF:160KB)

家庭雑排水事業補助金事前申込書(WORD:36KB)

委任状(WORD:29.5KB)

合併処理浄化槽に関する補助金

市では、既存の単独処理浄化槽若しくは、くみ取便槽から合併処理浄化槽へ転換される方に

対する補助金制度を設けています。

交付に関しては、下記の条件があります。

  • 条件
    1、単独処理浄化槽若しくは、くみ取便槽からの転換であること
    2、家庭用でかつ5~10人槽の合併処理浄化槽であること
    3、設置場所が公共下水道認可区域外、農業集落排水区域外であること

    また、下記の場合は補助金を交付できませんので、ご注意ください。
    1、予算が終了した場合
    2、市税を完納していない場合
    3、浄化槽法第5条第1項に基づく設置の届け出の審査を受けずに合併処理浄化槽を設置される場合
    4、建築基準法第6条第1項に基づく確認申請を要する建築物の新築、増築または改築に伴い合併処理浄化槽を設置される場合
    5、賃貸人の承諾が得られない場合(家を借りている場合)
    6、工事着工後に申請した場合

 


詳細につきましては、担当までお問い合わせください。
 

  • 補助金額

    【転換費用】
    5人槽:362,000円
    7人槽:444,000円
    10人槽:578,000円

    ただし、転換に要した費用の2分の1を上限とします。
    【配管工事費用】
    1、当該工事に要した費用に相当する額,(1,000円未満切り捨て)
    2、上限161,000円
    上記のいずれか少ない額を補助します。
    【撤去処分費用】
    転換とともに転換前の既存単独処理浄化槽若しくは、くみ取便槽を処分する場合には、
    1、当該処分に要した費用に相当する額(1,000円未満切り捨て)
    2、上限60,000円
    上記のいずれか少ない額を補助します。
     

交付申請書提出書類

申請書類チェック表(WORD:40.5KB)

浄化槽設置届(WORD:28KB)

交付申請書(116.9KB)

確認申請願(WORD:24.5KB)

完了届提出書類

・設置工事費、配管工事費、費処分費を活用される場合

完了届関係提出書類チェック表(WORD:41.5KB)

浄化槽完了届(WORD:25KB)

完了届(WORD:29KB)

請求書(WORD:35KB)

・設置工事費、配管工事費、費処分費を活用されない場合

完了届関係提出書類チェック表(WORD:39.5KB)

(注釈)「完了届関係提出書類チェック表」以外は処分費を活用する場合と同様の書類になります。

補助金申請の流れ

浄化槽の維持管理

家庭や事業所で取り付けている浄化槽は、各浄化槽管理者(使用している皆さん)が、責任を持って維持管理をしなければなりません。快適な生活を送るため、日頃から適正な管理を心がけてください。

 浄化槽を使用する場合は、浄化槽法により「保守点検」「清掃」「法定検査」の3つを行うことが義務付けられています。

 1 保守点検
 機器に故障等がないかを点検して簡単な修理を行なったり、害虫の駆除、消毒薬の補充などを行ないます。浄化槽の規模や処理方式により、点検の回数が定められています。保守点検は、県知事の登録を受けた保守点検業者と契約の上行なってください。
 浄化槽を設置した際には、使用開始前に保守点検を行う必要があります。

 2 清掃
 浄化槽内に生じた汚泥等の引き抜きや機器類を洗浄する作業です。年1回以上実施しなければなりません。
 清掃は、鴻巣市から「浄化槽清掃業」の許可を受けた業者に委託してください。

 3 法定検査
 
浄化槽の設置工事や保守点検・清掃が適正に行われ、浄化槽の機能が発揮されているかどうかを検査するものです。
 使用開始して3か月を経過した日から5か月間に受検する「設置後の水質に関する検査」(7条検査)と、その後毎年1回定期的に受検する「定期水質検査」(11条検査)の2種類があります。
 検査を受けていない方は次の検査機関に連絡して受検してください。

<検査機関> 一般社団法人埼玉県環境検査研究協会

<住所及び連絡先> さいたま市大宮区上小町1450-11 電話048-649-5151

「埼玉県・株式会社埼玉りそな銀行 合併処理浄化槽転換応援ローン」のお知らせ

県と株式会社埼玉りそな銀行が締結した「環境分野における協力に関する協定」(平成22年6月2日締結)に基づき、単独処理浄化槽等から合併処理浄化槽への転換にお使いいただける同銀行による「合併処理浄化槽転換応援ローン」が創設され、平成23年9月1日から取扱いが開始されています。

詳しくは下記のリンクよりご覧ください。

 

埼玉県・株式会社埼玉りそな銀行 合併処理浄化槽転換応援ローン

この記事に関するお問い合わせ先
環境課廃棄物・リサイクル担当
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(本庁舎1階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-577-8462
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年10月16日