不育症について

不育症をご存知ですか?

 厚生労働省研究班では「妊娠はするけども、2回以上の流産、死産もしくは生後1週間以内の早期新生児死亡によって子どもが得られない場合」を不育症と呼んでいます。流産は妊娠の10~20%の頻度で起こりますが、高年齢になるにつれ、その頻度は増加します。日本では正確な数はわかりませんが、毎年妊娠される方のうち、数万人は不育症の可能性があり、決してめずらしいものではありません。

不育症の要因は、子宮形態異常、内分泌異常、凝固異常、夫婦の染色体異常などさまざまです。しかし、特殊な場合を除いて、適切な検査と治療を行うことで、80%以上の方が赤ちゃんを出産することができると言われています。

 まずは、主治医の先生とよく相談してください。また、埼玉県では、下記の相談窓口がありますので、一人で悩まずお気軽にご相談ください。その他、鴻巣保健所でも不妊を含む女性の健康に関する相談を行っておりますので、ご利用ください。

 

【埼玉県の不妊・不育症についての相談窓口】

  不妊専門相談センター

 ところ:埼玉医科大学総合医療センター内(川越市鴨田1981)

 内容:専門医による面接相談(予約制)

 予約方法:電話で予約 048-228-3674

 面接日時:毎週火・金曜日午後4時~5時

 費用:無料

 

 不妊・不育症・妊娠サポートダイヤル

 内容:助産師による電話相談

 とき:毎週月・金曜日午前10時~午後3時

    第1・第3土曜日午前11時~午後3時、午後4時~午後7時

 電話:048-799-3613

                            (いずれも祝・休日、年末年始を除く)

不育症に関する検査や治療、医療機関などについては、次のリンクをクリックしてください。

厚生労働省研究班のホームページ

埼玉県ホームページ

この記事に関するお問い合わせ先
子育て支援課母子保健担当(吹上保健センター)
〒369-0136
埼玉県鴻巣市吹上498
電話:048-548-6252
ファックス:048-549-2696
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2019年4月1日