鴻巣市こうのとり交付金のおしらせ

鴻巣市では、不妊治療(体外受精及び顕微授精、男性不妊治療)を受けた方を対象に、1年度あたり10万円を限度とし通算5年度までその治療費を助成します。

 要件、手続等を良くご理解の上ご利用ください。なお、ご不明な点は、吹上保健センターまでお問い合わせください。

対象者

対象者は、次の全ての項目に該当する方です。

  1. 夫婦の双方又は一方が鴻巣市に住民登録があること
  2. 市税を完納していること(市税とは、市民税、固定資産税、都市計画税、軽自動車税、国民健康保険税をいいます)
  3. 「埼玉県不妊治療費助成事業」の支給の決定を受けていること(埼玉県不妊治療費助成事業の対象要件には、所得要件や対象治療の要件などが定められています)

 

「埼玉県不妊治療費助成事業」については、次のリンクをご覧ください。

「埼玉県不妊治療費助成事業」について

支給内容

夫婦1組につき、対象となる治療の費用から、埼玉県不妊治療費助成事業の支給決定額を控除した額で、1年度あたり10万円を限度とし、通算5年度に限り支給します。また、「対象となる治療の費用」は、医療機関が埼玉県知事へ発行する「不妊治療実施証明書」に書かれた治療費用となります。

申請期限

申請期限は、埼玉県不妊治療費助成事業の支給決定から1年以内となりますので、治療終了後は速やかに申請してください。

申請窓口

吹上保健センター

鴻巣保健センター

提出書類

  1. 鴻巣市こうのとり交付金支給申請書
  2. 埼玉県不妊治療費助成事業助成金支給決定通知書の写し
  3. 埼玉県不妊治療費助成事業不妊治療実施証明書の写し
    の実施証明書については、埼玉県不妊治療費助成事業申請で提出する前に、鴻巣市に提出分として写しをとっておいてください。
  4. 治療費領収書
    「治療費領収書」は原本を提出していただきますが、他の用途に使用する等の理由で原本の返却を希望される場合は、原本を窓口で確認の上、コピーをとらせていただきます。この際、領収書原本には、交付金支給申請済である旨のゴム印を押印します。
  5. 交付金の振込を希望する銀行等口座の通帳

こうのとり交付金支給申請書のダウンロードは、次のリンクをクリック

 

こうのとり交付金申請書(PDF:103.8KB)

交付金の支給

審査の結果、交付要件に合致している場合は交付金支給決定通知書を郵送し、指定された口座に交付金を振り込みます。
 交付要件に合致しない等、交付金の支給ができない場合は、その理由を記載した交付金支給却下通知書を郵送します。

ご注意

支給年度は、交付金支給申請を提出した日により決定されます。

交付金支給申請日と支給年度 
  治療開始日 治療終了日 申請日 支給年度
例1 31年2月15日 31年3月20日

31年3月28日

30年度

例2 31年2月15日 31年3月20日

31年4月5日

31年度

 

交付金の支給は「1年度に10万円まで」「通算5年度まで」ですから、例2で30年度助成で上限額10万円の支給を受けた場合は、2年度目の助成は31年度以降となります。

 

この記事に関するお問い合わせ先
子育て支援課母子保健担当(吹上保健センター)
〒369-0136
埼玉県鴻巣市吹上498
電話:048-548-6252
ファックス:048-549-2696
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2019年4月1日