吹上会場で麦なでしこ栽培始めました

麦なでしこの栽培始めました

平成29年11月22日、花まつり(吹上会場)で麦なでしこの種まきを行いました。
麦なでしこ畑は、花まつり(馬室会場)でも栽培していましたが、「可憐な花で、もう一度見てみたい」等の意見が多く、大変好評いただいていました。今回、吹上会場でも麦なでしこの栽培をすることになりました。

 

平成29年11月22日撮影 機械による種まきの様子です。

 

種まき機をつけたトラクターです。

 

油粕と麦なでしこの種を混ぜて、化成肥料と一緒に機械に入れています。

 

 

 

 

注意:下の画像は、花まつり(馬室会場)の麦なでしこ畑です。

 

 

 

麦なでしこ(アグロステンマ)
 

秋にタネをまいて翌年の初夏に花を楽しむ一年草です。普通のナデシコに比べると、とても背丈が高く、花は直径2~3cm、ピンク色で中心部分がほんのりと白くなります。その姿は素朴で可憐です。
 

アグロステンマは畑を意味する「アグロ」と王冠という意味の「ステンマ」から来ており、「畑に美しく咲く」という意味です。

こうのす花まつり(吹上会場)

地図情報

この記事に関するお問い合わせ先
観光戦略課
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(本庁舎1階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-577-8461
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2017年12月6日