鴻巣市の花の歴史

花栽培に適した風土と立地条件

 鴻巣市は、東京都心から50キロ圏内の位置にあります。市の中央部を南北に走る中仙道・国道17号線・JR高崎線や関越自動車道・東北自動車道の高速道路の一番近いインターチェンジから車で約30分の距離にあり、交通の便が良いところです。
 鴻巣市の花の生産は、寺谷地区から始まりました。この地区の農家は米・麦・野菜の生産を中心に生計を立てていましたが、昭和23年、鴻巣の気候風土に適した花として「パンジー」をいち早くとり入れた先駆者により、花の生産が開始されました。その後、高度成長期からバブル景気への時代の変遷、ガーデニングブームの到来など、昭和から平成の様々な時代の荒波を乗り越え、産地の発展・拡大とともに「花のまちこうのす」の名が全国的に知られるようになりました。
 現在、市内の花き生産農家は200軒を超えており、花の一大産地として発展しました。中でもプリムラ・サルビア・マリーゴールドの出荷量は、日本一を誇っています。

花の歴史・・・約60年前から花の生産が始まりました。
昭和23年 鴻巣市寺谷地区〔故〕竹内武之助氏がパンジーを導入、数軒の農家が花生産へ転換
昭和26年 ワラ編み床でシネラリア生産が始まる
昭和28年 ハボタン・矢車草・5色トウガラシ等の生産が始まる(当時17軒)
昭和29年 かつぎ出し出荷のほか、車による出荷開始
昭33年から37年 竹篭(60カケル45カケル45センチメートル)に入れ、高崎線にて列車でかつぎ出し販売
昭和34年 ワラ編み床でのシネラリア・桜草の生産拡大
昭和37年 サルビア・マリーゴールド・マツバボタン・コリウス生産開始
昭和39年 パンジー生産全盛期 【東京オリンピック開催】
昭和42年 鴻巣市で初の花市場「埼玉綜合園芸」が国道17号沿い(八幡田地区)に開設
昭和47年 鴻巣に2つ目の花市場「鴻巣園芸センター」(寺谷地区)に開設
昭和48年

花の生産者組織「鴻巣花卉園芸組合」(当時74名)で発足

鉢花・花壇苗の山上げ栽培(注釈1)を導入

【鴻巣市の花を「パンジー」に制定】

昭和50年 露地花から施設園芸(注釈2)へ転換期
昭和63年 花き市場に隣接した花の直売所「パンジーハウス」が営業開始
平成2年 大阪花の万博(注釈3)にて鴻巣花卉園芸組合が鴻巣フラワーテリアを出展「花のまちこうのす」の名を全国にアピールする。
平成4年

オランダフロリアード92(国際園芸博覧会)(注釈4)において埼玉県とともに参加した6色のパンジー1200株の展示が花のコンテストで銅賞に輝く

初めての鴻巣市フラワーフェスティバルが開催

平成13年 花の産地にある花の公園として「花のオアシス」の整備工事を実施
平成14年

「花のオアシス」が開園

埼玉綜合園芸・鴻巣園芸センターが合併。鴻巣市との共同出資による第3セクターとして新市場「鴻巣フラワーセンター」(鴻巣花き)が開設

東日本最大級の花市場として営業開始

「パンジーハウス」が農産物直売所としてリニューアルオープン

平成17年

【鴻巣市・川里町・吹上町が合併、新「鴻巣市」誕生】

鴻巣花卉園芸組合・川里花組合が合併し、鴻巣市花組合が発足

花のNPO法人フラワーピースが発足

平成19年

ジャパンフラワーフェスティバルさいたま2007に出展。フラワーディスプレイ部門にて「花かおる雛の街鴻巣」が農林水産大臣生産局長賞を受賞。鴻巣市はサテライト会場となる

鴻巣オープンガーデン「花の環」が発足し第1回鴻巣オープンガーデンが開催される

平成20年 荒川馬室河川敷のポピー畑が栽培面積日本一として登録される
平成23年 第1回こうのす花まつりが開催される
 

 

用語解説

注釈1「山上げ栽培」
 夏季の高温を回避するために高冷地で育苗する栽培方法。山間地の昼夜の寒暖の差が花の生育に非常に良く、高品質な鉢花・花壇苗の早期出荷が可能。しかしながら、「山上げ栽培」は多大なコストと労力を必要とすることから、プリムラ・カランコエを中心に低コストで「山上げ栽培」と同等の効果が期待できる「平地早出し栽培」技術による生産を行っている。
注釈2「施設園芸」
 ビニールハウスやガラス室などの施設で、野菜や花をつくる農業を施設園芸という。近年は、換気や潅水などを機械化し自動化するなど、施設の充実が進められている。
注釈3「大阪花の万博」
 大阪鶴見緑地で、183日間の会期(1990年4月1日から9月30日)で行われた博覧会国際事務局(BIE)認定の国際博覧会であり、また大阪園芸博覧会でもある。会場面積は約140haで、略称は「花の万博」「花博」「EXPO90」である。「花と緑と人間生活のかかわりをとらえ21世紀へ向けて潤いのある豊かな社会の創造をめざす」をテーマとし、日本を含む83カ国と55の国際機関、212企業・団体が参加した。総入場者数は2312万6934名で、特別博覧会史上最高を記録した。
注釈4「オランダフロリアード92」(国際園芸博覧会)
 フロリアードは、オランダで10年に1回開催される国際的な園芸博覧会でフロリアード2002は、4月5日から10月20日までを会期として、アムステルダムに近いハールレマミーアで開催された。

この記事に関するお問い合わせ先
観光戦略課
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(本庁舎1階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-577-8461
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2016年3月1日