異なるワクチン間の接種間隔が変更になります

令和2年10月1日より、異なるワクチン間の接種間隔が一部撤廃されます

 従来、異なるワクチン間の場合、接種してから次のワクチンを接種するまでに、一定の間隔をあ
 ける必要がありました。この度、定期接種実施要領の改正に伴い、令和2年10月1日から、その制
 限が一部緩和されることになりました。

 (従来)
  ・生ワクチンを接種した場合、27日以上の間隔をあける
  ・不活化ワクチンを接種した場合、6日以上の間隔をあける

 (今後)
  ・注射の生ワクチン間の接種は、27日以上の間隔をあける
  ・その他のワクチンについては制限なし

接種間隔のイメージ

各ワクチンの分類

注射生ワクチン

 ・BCG
 ・麻しん風しん混合(MR)
 ・水痘(水ぼうそう)
 ・おたふくかぜ

経口生ワクチン

 ・ロタウイルス

不活化ワクチン

 ・Hib(ヒブ)
 ・肺炎球菌
 ・B型肝炎
 ・四種混合(ジフテリア・百日咳・破傷風・ポリオ)
 ・二種混合(ジフテリア・破傷風)
 ・日本脳炎
 ・ヒトパピローマウイルス(HPV)
 ・不活化ポリオ
 ・季節性インフルエンザ

同じ種類のワクチンを接種する場合の接種間隔

 同じ接種のワクチンを複数回接種する場合の接種間隔は、従来どおり定められた接種間隔があります。

 (例)B型肝炎の場合
  ・1回目と2回目の接種間隔は、27日以上あける
  ・3回目は、1回目の接種から139日以上あける

 出生後、転入後にお送りする予防接種の案内に同封されている「予防接種と子どもの健康」も併せて
 ご確認ください。

この記事に関するお問い合わせ先
健康づくり課健康管理担当
〒365-0032
埼玉県鴻巣市中央2-1(鴻巣保健センター内)
電話:048-543-1561
ファックス:048-543-5749
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2020年8月31日