遅らせないで!子どもの予防接種

お子さんの健康が気になるときだからこそ、予防接種は予定どおり受けましょう

なぜ、予防接種を遅らせない方がよいの?

予防接種のタイミングは、感染症のかかりやすい年齢などをもとに決められています。特に生後2か月から予防接種を受け始めることは、お母さんからもらった免疫が減っていく時期に、感染症から赤ちゃんを守るためにとても大切です。

予防接種を遅らせてしまうと、防げる感染症にかかる可能性が高くなり、かかってしまうと、入院治療の必要や後遺症が残ることがあります。さらに、その感染症をまわりの人に広げてしまう危険性も高まります。

 

新型コロナウイルスが心配だけど、予防接種に連れて行っても大丈夫?

医療機関では、時間や場所に配慮し、換気や消毒を行うなど、新型コロナウイルス感染防止対策に努めています。予防接種を受ける場合は、事前に予約し、受診の前には体温を測定するなど、お子さんの体調に問題がない事を確認しましょう。医療機関によっては、一般の受診患者と別の時間や場所で受けられる場合もあります。

 

小さなお子さんを連れて外出することに不安を抱える方も多いと思いますが、予防接種は適切な時期に受けることが大切です。なお、家に帰ったら、手洗いなどの感染対策をしっかりしましょう。

関連リンク

【10月12日更新】新型コロナウイルス感染症への対応について

遅らせないで!子どもの予防接種と乳幼児健診(厚生労働省)

この記事に関するお問い合わせ先
健康づくり課健康管理担当
〒365-0032
埼玉県鴻巣市中央2-1(鴻巣保健センター内)
電話:048-543-1561
ファックス:048-543-5749
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2020年8月7日