ロタウイルス予防接種

令和2年10月1日からロタウイルスの予防接種が定期接種になります。

対象者

 令和2年8月1日以後に生まれた方(接種日時点で鴻巣市に住民票がある方)
 定期接種(公費接種)は、令和2年10月1日以降に接種したものが対象となります。

 令和2年9月30日以前に接種した場合は、任意接種となりますのでご注意ください。

ワクチンの種類

 2種類あり、どちらか一方を受けます。どちらも生ワクチンで、接種方法は経口接種です。

1価ロタワクチン(ロタリックス)

 接種期間 生後6週0日から生後24週0日まで

 接種回数 2回(27日以上の間隔をおいて)

5価ロタワクチン(ロタテック)

 接種期間 生後6週0日から生後32週0日まで

 接種回数 3回(27日以上の間隔をおいて)

 

 ワクチンの種類ごとに接種期間、接種回数が異なります。
 どちらのワクチンもロタウイルス胃腸炎に対して同様の予防効果が示唆されています。

接種方法

 医療機関での個別接種(事前に医療機関へ予約してください)

 市内実施医療機関 (PDF:50.1KB)

注意事項

 標準的な接種開始時期は、生後2か月からとなります。
 (初回接種は生後14週6日までに受けてください)
 接種完了まで、最初に受けたワクチンと同じワクチンを接種してください。

持ち物

  1. 母子健康手帳
  2. 予診票
  3. 健康保険証等、住所が確認できるもの

費用

 無料

ロタウイルス感染症

 ロタウイルス感染症は、年齢にかかわらず何度でも感染しますが、症状は初感染時が最も重症で、その後、感染を繰り返すにつれて軽症化し、不顕性感染も多くみられます。5歳未満の乳幼児に多くみられ、主な症状は、急性胃腸炎(ロタウイルス胃腸炎)で、ときに脱水、けいれん、肝機能異常、じん不全、脳症などを合併することもあり、脱水症状が強い場合や、合併症を併発した場合には入院が必要になることがあります。

予防接種による副反応 (腸重積症の症状に気をつけてください)

 主に、下痢、嘔吐、胃腸炎、発熱などで、まれに起こる重大な副反応として、アナフィラキシーがあります。接種後、1、2週間は、腸重積症のリスクが高まる可能性があります。以下のような腸重積症状がみられた場合は速やかに医師の診察を受けてください。

腸重積症

 腸重積症は、腸の一部が隣接する腸管へ入りこむ病気です。ワクチン接種にかかわらず、3か月から2歳くらいまでの赤ちゃんがかかりやすい病気です。腸重積症を発症した場合、時間が経過するほど、手術が必要になる可能性が高くなりますので、早期発見が重要です。
 ロタウイルスワクチン接種後(特に初回接種)、1、2週間くらいまでの間は腸重積症のリスクが高まる可能性があります。接種後1、2週間程度の間に、次のような症状が1つでもみられたときは、腸重積症が疑われるため、速やかに医師の診察を受けてください。

  • 突然はげしく泣く
  • 嘔吐を繰り返す
  • 血便が出る
  • ぐったりして顔色が悪い
  • 機嫌が良かったり不機嫌になったりを繰り返す

 

ロタウイルスに関するQ&A(厚生労働省)

腸重積症(日本小児科学会)

この記事に関するお問い合わせ先
健康づくり課健康管理担当
〒365-0032
埼玉県鴻巣市中央2-1(鴻巣保健センター内)
電話:048-543-1561
ファックス:048-543-5749
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2020年8月1日