成人男性の風しん抗体検査・予防接種(風しんの追加的対策)

 平成30年7月以降、30歳代から50歳代の男性を中心に風しんが流行したことを受け、国は、風しんに関する追加的対策として、これまで風しんの予防接種を公費で受ける機会の全くなかった世代である昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性に対して、風しん抗体検査を受けていただき、検査の結果、抗体価が低い場合に定期予防接種の対象とすることとしました。この制度は、令和4年3月31日の間に限り、風しん抗体検査及び予防接種が原則無料で受けられる全国的な取り組みです。

 

 対象者

 昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性で検査日・接種日時点で鴻巣市に住民登録がある方

 ただし、以下のいずれかに該当する方は、希望される方のみ抗体検査を受けることができます。

  • 過去に風しんにかかった(検査で証明された)記録がある方
  • 過去に風しんの予防接種を受けたことがあり、その記録がある方
  • 平成26年4月以降に風しん抗体検査を受けて、その記録(結果が抗体あり)をお持ちの方

 

 抗体検査・予防接種までの流れ

1 風しん抗体検査・予防接種のクーポン券を受け取ります

 昭和47年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性
  クーポン券発送済み(令和元年5月ごろ)。
  再発行を希望される方は、鴻巣保健センターまでご連絡ください。

 昭和37年4月2日から昭和47年4月1日生まれの男性
  クーポン券が自宅に郵送されます(令和2年3月下旬ごろ)。

 鴻巣市へ転入された方、クーポン券を紛失、破損した場合
  鴻巣市発行のクーポン券が必要です。鴻巣保健センターまでご連絡ください。

 

2 風しんの抗体検査を受けます (費用:無料)

 医療機関で検査を受ける場合、医療機関へ直接電話で予約をしてください。
 鴻巣市内の医療機関については、以下の添付ファイルをご確認ください。

 市内実施医療機関一覧 (PDF:100.7KB)

 鴻巣市外の実施医療機関については、厚生労働省ホームページ「風しんの追加的対策について」に実施医療機関のリストが掲載されていますので、ご確認ください。

 事業所健診や特定健診の機会に一緒に受けることができます。
 事業所健診の際に検査を希望する場合は、勤務先にお問い合わせください。
 特定健診の際に検査を希望する場合は、医療機関にお問い合わせください。

受診の際に持参するもの

  • クーポン券
  • 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、住民基本台帳カード等の住所と生年月日が確認できるもの)

 

3 風しん抗体検査の結果を確認

 検査結果は、大切に保管してください。
 予防接種の対象となった場合、受診の際に必要となります。
 また、予防接種の対象となった場合、必ず予防接種もお受けいただくようお願いします。

 

4 抗体検査の結果が予防接種の対象と判断された場合、予防接種を受けます (費用:無料)

  予防接種を実施している医療機関へ直接電話で予約してください。

 鴻巣市内の医療機関については、以下の添付ファイルをご確認ください。

 市内実施医療機関一覧 (PDF:100.7KB)

 鴻巣市外の実施医療機関については、厚生労働省ホームページ「風しんの追加的対策について」に実施医療機関のリストが掲載されていますので、ご確認ください。

受診の際に持参するもの

  • クーポン券
  • 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、住民基本台帳カード等の住所と生年月日が確認できるもの)
  • 風しん抗体検査結果書類

注意事項(抗体検査・予防接種共通)

 一人1回の助成です。複数回お受けになられた場合、2回目以降は自己負担となりますのでご注意ください。

 

関連情報

風しんについて (厚生労働省)

風しんの最新情報 (国立感染症研究所)

この記事に関するお問い合わせ先
健康づくり課健康管理担当
〒365-0032
埼玉県鴻巣市中央2-1(鴻巣保健センター内)
電話:048-543-1561
ファックス:048-543-5749
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2020年3月15日