子宮頸がん予防ワクチン接種の積極的勧奨の差し控えについて

 平成25年6月14日、厚生労働省から通知があり、ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防ワクチン)予防接種については、積極的勧奨を差し控えることになりました。
 子宮頸がん予防ワクチン接種後、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛が特異的に見られたことから、同副反応の発生頻度等がよリ明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、接種を積極的に勧めないこととなりました。
なお、子宮頸がん予防ワクチンの定期接種を中止するものではないため、対象者(小学校6年生から高校1年生相当の女子)のうち接種を希望する方は、有効性と接種による副反応がおこりうるリスクを十分に理解した上で受けるようにしてください。

 

詳細は下記ファイルをご覧ください。

ヒトパピローマウイルス感染症の定期予防接種の対応について(勧告)平成25年6月14日(PDF:68.8KB)

リーフレット「子宮頸がん予防ワクチン接種を受ける皆さまへ」(PDF:1.3MB)

この記事に関するお問い合わせ先
健康づくり課健康管理担当
〒365-0032
埼玉県鴻巣市中央2-1(鴻巣保健センター内)
電話:048-543-1561
ファックス:048-543-5749
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2016年3月1日