食中毒

食中毒予防の3原則

1.食中毒菌をつけない

手洗い

・石けんでよく手を洗う

調理するとき

・傷のある手で調理するときは、使い捨て手袋をはめる

・新鮮な食材を使う

・おにぎりはラップに包んでにぎる

調理器具の使い分け

・生の肉や魚介類に使用した包丁・まな板は速やかに洗剤でよく洗い、ほかの材料に細菌を移さないように注意する

 

2. 食中毒菌をふやさない

冷蔵庫を上手に使う

・温かいものは冷ましてから冷蔵庫に入れる

・一度解凍したものは再度冷凍しない

・ドアの開閉は少なく、短時間にする

・冷蔵庫内に詰めすぎない(7割程度を目安に)

室温に放置しない

・肉や魚介類などの生鮮食品を買ったら、すぐに冷蔵庫に保管する

・冷凍品の自然解凍はさけ、冷蔵庫でゆっくり解凍するか、電子レンジや流水を利用する

作った料理は早めに食べる

・温かい料理は温かいうち、冷たい料理は冷たいうちに食べる

・残った料理を保存するときは、早く冷えるように容器に小分けして冷蔵庫に保管する

 

3. 食中毒菌をやっつける

清潔な調理器具

・包丁・まな板などは、使用後すぐに洗剤でよく洗い、よく乾燥させる

食品はしっかり加熱

肉は中心部の赤みがなくなるまで加熱する

温めなおしも沸騰するまで

・よくかきまぜながら、全体が沸騰するまで加熱する

・電子レンジで再加熱するものは、途中で上下をひっくり返すなどして全体をむらなく加熱する

 

更新日:2016年9月5日