大腸がん検診【個別】

令和元年度 実施期間

令和元年6月1日(土曜日)から令和元年11月30日(土曜日) (休診日を除く)

対象

市内在住の40歳以上の方(昭和55年4月1日以前に生まれた方) 

検診内容 

問診、便潜血検査(2日法)

 

便潜血検査(2日法)とは

あらかじめ、受診を希望する実施医療機関で容器をお受け取りください。

2日に分けて便を採取し、医療機関に提出します。大腸にがんやポリープなどがあると、便が出てくる時にこすられて、便に血液が付着することがあります。便潜血検査は、便に付着した目には見えない微量な血液でも調べることができます。検査精度を高めるために、採便棒を使って、便の表面のいろいろな所をまんべんなくこすりとるようにします。こすりとった棒はケースに入れ冷蔵庫で保管します。

注意:密閉された容器のため、汚染の心配はありません。

 

実施医療機関

個別健(検)診実施医療機関をご覧ください

持ち物

  1. 鴻巣市健(検)診受診券(5月中にはがきで郵送します)
  2. 健康保険証
  3. 検診費用(生活保護法による生活保護世帯に属する方は無料になりますので、「受給証」をお持ちください)

あらかじめ受診を希望する実施医療機関で、容器をお受け取りください。

検診費用

300円

注意事項

  1. 検体の提出期限は、令和元年6月1日(土曜日)から令和元年11月30日(土曜日)までとなります。
  2. 各種健(検)診の注意事項【個別健(検)診共通】も併せてご覧ください。
この記事に関するお問い合わせ先
健康づくり課健康増進担当
〒365-0032
埼玉県鴻巣市中央2-1(鴻巣保健センター内)
電話:048-543-1561
ファックス:048-543-5749
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2017年5月15日