乳がん検診【集団、個別】

 乳がんは、女性ホルモンの刺激を受けてできる乳腺のがんで、40代後半に最も発生しています。日本女性の20人に1人がかかり、毎年1万人以上の女性が乳がんで亡くなっています。40歳を過ぎたら自覚症状がない女性でも、2年に1回の乳がん検診(マンモグラフィ、視触診)と毎月1回の自己検診が推奨されています。

鴻巣市では、40歳以上の女性に対し、2年に1回乳がん検診(マンモグラフィ、視触診)を行っています。

定期的に検診を受け、早期発見、早期治療につなげられるよう心がけましょう。

乳がんに特に注意してほしい方

次のような方が乳がんにかかりやすいと言われています。

  1. 家族(祖母、母、姉妹)が乳がんにかかったことがある
  2. 本人が乳がんその他の乳腺疾患になったことがある
  3. 高齢初産(35歳以上)か、出産経験がない
  4. 初潮が早く(11歳以下)、閉経が遅い(55歳以上)
  5. 閉経後の肥満
  6. 長期間(10年以上)のホルモン補充療法(更年期障がいの治療)を受けている

乳がん検診【集団、個別共通事項】

※緊急事態宣言中は検診を休止いたします。

※検診は体調の良い時に受診してください。

対象(令和2年度)

市内在住の40歳以上の女性(昭和56年4月1日以前に生まれた方)

検診内容

問診、乳房エックス線検査(マンモグラフィ)等
 

問診とは

初潮の年齢や妊娠・出産の経験、前回の月経などのほか、乳房に痛み・熱感・かゆみなどがあるか、これまでに乳房の病気をしたことがあるか、血縁の家族に乳がん患者はいるかなどを確認します。

視触診とは

医師が、左右の乳房に差がないか、胸のしこりやひきつれがないかなどをチェックします。胸だけでなく、わきの下も触ってリンパ腺の腫れなどを調べます。

乳房エックス線検査(マンモグラフィ)とは

マンモグラフィ検査は、視触診でわかりにくい小さなしこりまで発見できる詳しい検査です。

乳房を斜めに圧迫して撮影します。がんができやすい乳房外側上部も、よく描出できる撮影方法です。

 

注意事項

  1. 集団検診か個別検診のどちらか一方での受診となります。
  2. 受診券に「無料」と印字されている方は、がん検診が無料の対象者となり、7月中に「がん検診無料クーポン券」を郵送しますので受診の際に、お持ちください。 
  3. 詳しくはがん検診無料クーポン券についてのページをご覧ください。
  4. 市の検診は2年に1回です。昨年度に受けた方、今年度すでに受けた方は受診できません。(受診券に「対象外」と印字してあります。ただし、受診券に「無料」と印字されている方は受診できます)
  5. 妊娠中、授乳中、断乳後6か月未満、豊胸術を受けた、ペースメーカー装着、ポート埋め込み中、1年以内のポート抜去、乳房温存手術1年以内、針生検を受けたことがある方は、マンモグラフィ撮影はできません。
  6. 生理中の乳房の張る時期をできるだけ避けてください。
  7. 問診票の記入があります。眼鏡が必要な方はお持ちください。

乳がん検診【集団】

令和2年度 検診日・検診会場

 検診当日受付時間  

午前  (1)9時から9時30分 (2)10時から10時30分 (3)11時から11時30分

     (4)12時から12時30分

午後   (1)13時から13時30分 (2)14時から14時30分 (3)15時から15時30分

 

※2月16日、2月17日(吹上保健センター)は午後からです。



会場:鴻巣保健センター
検診日 申込開始日

令和3年1月25日(月曜日)

午前・午後

令和3年1月20日(水曜日)9時から

令和3年2月5日(金曜日)

午前・午後

令和3年1月20日(水曜日)9時から

令和3年2月7日(日曜日)

午前・午後

令和3年1月20日(水曜日)9時から

令和3年2月8日(月曜日)

午前・午後

令和3年1月20日(水曜日)9時から

 

会場:吹上保健センター

検診日 申込開始日

令和3年1月31日(日曜日)

午前・午後

令和3年1月20日(水曜日)9時から

令和3年2月12日(金曜日)

午前・午後

令和3年1月20日(水曜日)9時から

令和3年2月16日(火曜日)

午後

令和3年1月20日(水曜日)9時から

令和3年2月17日(水曜日)

午後

令和3年1月20日(水曜日)9時から

令和3年2月23日(火曜日 祝日)

午前・午後

令和3年1月20日(水曜日)9時から

 

定員

各日 半日50人程度

申込

上記申込開始日の9時から保健センターへ電話。ただし定員に満たないときは、検診日前日の17時まで受付(検診日前日が土曜、日曜、祝日にあたる場合は、その前の平日まで受付)

電話

鴻巣保健センター 048-543-1561

吹上保健センター 048-548-6252

広報7月号、12月号も併せてご覧ください。

持ち物

  1. 鴻巣市健(検)診受診券(7月中にはがきで郵送します)
  2. 検診費用(生活保護法による生活保護世帯に属する方は無料となりますので「受給証」をお持ちください)
  3. バスタオル1枚(検診着の代わりに使用

がん検診無料クーポン券の対象の方は検診日にクーポン券をお持ちください。

検診費用

500円

注意事項

  1. 申込みをしていない方は受診できません。
  2. 着脱しやすい服装でお越しください。
  3. 結果はおおむね1か月後に郵送します。



集団検診バス

乳がん検診【個別】

実施期間

令和2年8月1日(土曜日)から令和3年2月27日(土曜日)

下記の実施医療機関の受付時間参照。

実施医療機関

たけうちクリニック(鴻巣市本町2-1-7)電話 048‐594-7701

はやしだ産婦人科医院(鴻巣市鴻巣1005-2)電話 048-541-8000

予約の要・不要等については個別健(検)診実施医療機関をご覧ください。

持ち物

  1. 鴻巣市健(検)診受診券(7月中にはがきで郵送します)
  2. 健康保険証
  3. 検診費用(生活保護法による生活保護世帯に属する方は無料となりますので「受給証」をお持ちください)

直接、実施医療機関に受診してください。
がん検診無料クーポン券をお持ちの方は受診時にクーポン券を持参してください。

検診費用

1000円

注意事項

  1. 各種健(検)診の注意事項【個別健(検)診共通事項】も併せてご覧ください。
  2. 個人情報の取り扱いについては、下記の添付ファイルをご覧ください。

個人情報の取り扱いについて(PDF:114.8KB)

この記事に関するお問い合わせ先
健康づくり課健康増進担当
〒365-0032
埼玉県鴻巣市中央2-1(鴻巣保健センター内)
電話:048-543-1561
ファックス:048-543-5749
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2020年7月22日