胃ペプシノゲン検診【個別】

どんな検診なの?

 胃ペプシノゲン検診とは、血液検査で血液中の「ペプシノゲン量」を測定して胃の状態(萎縮度)を調べるリスク検診です。血液中のペプシノゲンの産出量を測定することによって、高い確率で胃の粘膜が萎縮し、薄くなっている(萎縮性胃炎の状態)と判断できます。この状態は、胃がんなどの疾患が発生しやすい状態にあるといわれています。

従来の胃がん検診も併せて受診することをおすすめします。

令和元年度 実施時期

令和元年6月1日(土曜日)から令和元年11月30日(土曜日) (休診日を除く)

対象

40歳、45歳、50歳、55歳、60歳、65歳、70歳、75歳の方

対象者の方には鴻巣市健(検)診受診券をはがきで郵送します。

年齢は、全て年度末(令和2年3月31日)現在です。

検診内容

問診、血液検査

実施医療機関

個別健(検)診実施医療機関をご覧ください。

持ち物

  1. 鴻巣市健(検)診受診券(5月中にはがきで郵送します)
  2. 健康保険証
  3. 検診費用(生活保護法による生活保護世帯に属する方は無料になりますので、「受給証」をお持ちください)

直接、実施医療機関に受診してください。

検診費用

500円

注意事項

次に掲げる方は、受診できません。

  • 上腹部症状を自覚している方
  • 食道、胃又は十二指腸疾患で治療中の方
  • 胃酸分泌抑制剤を服用中の方
  • 胃切除術を受けた方
  • 腎不全の方
  • ピロリ菌の除菌療法を受けた方

各種健(検)診の注意事項【個別健(検)診共通】も併せてご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先
健康づくり課健康増進担当
〒365-0032
埼玉県鴻巣市中央2-1(鴻巣保健センター内)
電話:048-543-1561
ファックス:048-543-5749
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2017年5月15日