鴻巣市手話言語条例

鴻巣市手話言語条例を制定しました

 市では、手話に対する理解や手話の普及により、誰もが互いに人格と個性を尊重し、支えあい、地域で安心して暮らすことができる共生社会の実現を目指し、鴻巣市手話言語条例を制定しました。

「鴻巣市手話言語条例」の概要

 手話は、音声による言語とは異なり、手指や体の動き、表情を使って視覚的に表現する言語です。ろう者は、意思や感情を伝えるコミュニケーションの手段として、また、知識を蓄え、文化を創造するために、必要な言語として手話を大切に育んできました。

 しかしながら、手話は、長い歴史の中で言語として認められませんでした。そのため、長い間ろう者は、様々な場面で不便や不安を感じながら生活してきました。

 こうした中で、障害者の権利に関する条約や障害者基本法において、手話は言語として位置付けられ、手話に対する理解及び手話の普及が求められています。

(注釈1) ろう者とは、聴覚に障がいのある人のうち、主に手話で意思疎通をとって日常生活を送る人をいいます。

<第2条:基本理念>

手話に対する理解及び手話の普及は、ろう者に必要な言語として尊重されることを基本に行わなければなりません。

<第3条:市の責務>

手話に対する理解や手話の普及を図り、手話を使いやすい環境を整備するために必要な施策を講じます。

<第4条:市民の役割>

基本理念に対する理解を深め、市が推進する施策に協力するよう努めます。

注記:条例では、市内に在住している方のほか、在勤や在学している方や市内で事業や活動を行う方も市民としています。

鴻巣市手話言語条例(全文) (PDF:136.9KB)

手話とは

 手話は、音声ではなく手や指の動き、顔の表情などを使って、物の名前や自分の意思を視覚的に表現する言語です。日本語とは異なった独自の語彙や文法体系をもっています。

 2月15日発行の広報かがやき2月号で、挨拶など簡単な手話をご紹介していますので、ぜひご覧ください。

 市では、

・「手話に対する理解及び手話の普及」

・「手話による情報の取得の機会の拡大」

・「手話を使いやすい環境の整備」

・「手話通訳者の人材の養成をはじめとする手話による意思疎通の支援」

・「手話を学ぶ機会の提供」

のために必要な施策を推進していきます。

随時、広報かがやきや市ホームページなどでご紹介していきます。

 

この記事に関するお問い合わせ先
福祉課障がい福祉担当
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(新館1階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-541-1328
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2019年2月1日