新型コロナウイルス感染症への対応等について

障害福祉サービス等事業所における新型コロナウイルス感染症対応等について

新型コロナウイルス感染拡大防止について、障害福祉サービス等事業所職員の皆様におかれましても、ご協力いただきますようお願いいたします。

詳細は、下記リンク先より厚生労働省又は埼玉県の情報をご参照ください。

障害福祉サービス等事業所における新型コロナウイルス感染症への対応等について(厚生労働省)

注意喚起通知(新型コロナウイルス)(埼玉県)

新型コロナウイルス感染症に係る精神障害者保健福祉手帳及び自立支援医療(精神通院医療)受給者証の申請手続きについて

【精神障害者保健福祉手帳】

精神障害者保健福祉手帳の有効期間は延長されません。通常通り、更新申請手続きが必要です。

なお、令和2年3月1日から令和3年2月28日までの間に有効期限を迎える方は、診断書の提出を1年間猶予した上で、有効期限を更新することもできます(申請は必ず行ってください)。

1年以内に診断書の提出がなかった場合、手帳は無効・返還となりますので、ご注意ください。

 

【自立支援医療(精神通院)】

令和2年3月1日から令和3年2月28日に有効期間が終了する全ての自立支援医療(精神通院医療)受給者を対象に有効期間を1年間延長することとなりました。

手続き等はなくても、現在使用している受給者証の有効期間を読み替えて使用することができます。自己負担上限額は現在お持ちの受給者証の内容を引き継ぎます。なお、次回の更新手続きは延長後の有効期間内に必ず行う必要があります。

また、通常通り更新手続きをされた方については、延長後の有効期間等を明記した新しい受給者証が発行されます。

 

(新規申請・認定内容に変更がある方)

新規で申請される方、医療機関や加入している健康保険等の内容に変更がある方は、手続きが必要です。

(精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方)

手帳と自立支援医療を同時申請される方については、今後も手帳と自立支援医療の更新時期を合わせるために、通常通りのお手続きをしていただくことをお勧めします。

 

お知らせ「精神障害者保健福祉手帳の更新手続きのために医師の診断書の取得のみを目的として医療機関に受診する方へ」(PDF:25KB)

お知らせ「自立支援医療費(精神通院医療)の更新手続きを予定されている方へ」(PDF:24.6KB)

新型コロナウイルス感染症対策としての障害者割引の割引有効期限を延長する特例措置について

有料道路における障害者割引制度」について新型コロナウイルス感染症の影響で、福祉事務所等での障害者割引制度の割引有効期限の更新手続き等が困難なお客さまがいらっしゃることを踏まえ、下記のとおり特例措置を実施する旨東日本高速道路株式会社他6社連名でお知らせがありました。下記よりご確認ください。

新型コロナウイルス感染症対策としての障害者割引の割引有効期限を延長する特例措置について

この記事に関するお問い合わせ先
障がい福祉課障がい福祉担当
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(新館1階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-541-1328
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2020年7月8日