毎月22日は禁煙の日

今度の22日から、はじめませんか?毎月22日は「禁煙の日」

あなたと、あなたの周りにいる大切な人たちの健康のために                    もう一度、たばこについて考えてみませんか?

 

吸うほどに縮んでいく。たばこも寿命も同じです。

たばこはがんのみならず、糖尿病の発症や循環器の病気によって亡くなるリスクも高めることがわかっています。このように重大な病気を引き起こす原因となっているたばこは、人間の寿命そのものを縮めてしまいます。

 

いつもそばにいる人が、いちばんの被害者になる。

自分はたばこを吸わないのに、環境中のたばこの煙(受動喫煙)で健康に影響が出てしまうことを知っていますか?家族の中で誰かがたばこを吸っていたら家庭内で、また、職場や公共の場でと、その場面は様々です。成人への影響としては、心臓病や慢性の呼吸器症候群があげられます。子どもへの影響としては気管支炎、肺炎、咳、痰、喘息、中耳炎、低出生体重児、乳幼児突然死症候群があげられます。

 

たばこの火を消せば、未来は明るい。

もし、あなたがたばこを吸っているなら、今からでも遅くはありません。今日から禁煙してください。禁煙した年数が長いほど肺がんの危険性は低くなります。禁煙をサポートする外来などを利用するのもよいでしょう。もう一度、たばこの害について考え、自分にできることから始めてみましょう。

                     

       公益財団法人 がん研究振興財団「喫煙とがん~リスクと向き合う5分間~」より

 

 

下記より、禁煙に関する情報が閲覧できます。

↓↓↓

 

 

日本禁煙推進医師歯科医師連盟学術HP

スワンスワンの日

『すぐ禁煙.jp』

鴻巣市内の禁煙外来のある医療機関(PDF:189.5KB)

この記事に関するお問い合わせ先
健康づくり課健康増進担当
〒365-0032
埼玉県鴻巣市中央2-1(鴻巣保健センター内)
電話:048-543-1561
ファックス:048-543-5749
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2019年3月14日