市独自の新型コロナウイルス感染症対策・支援措置

市独自の緊急支援

 新型コロナウイルスの感染拡大が市民生活に大きな影響を及ぼしていることから、市民生活を維持するための緊急支援として、特に手厚い支援を必要とするひとり親家庭等に対して緊急生活支援策を講じるとともに、テイクアウト等に取り組む飲食店の事業化支援、小規模事業者等の事業継続に必要な経済支援を迅速に実施します。

1.子育て世帯緊急支援

ひとり親家庭等緊急支援給付金

 学校の休校等により仕事ができなくなるなど収入が著しく減少した方が多く見込まれる「ひとり親家庭」等の生活を支援するため、対象児童1人につき3万円を支給する。

対象:児童扶養手当受給世帯(令和2年4月分受給者) (注意)生活保護受給者世帯等は除く

時期:令和2年5月中

担当:子育て支援課

ひとり親家庭等への緊急支援給付金事業

2.飲食店緊急支援

テイクアウト等事業支援補助金

 市内飲食業者がテイクアウトやデリバリー等の事業を実施するため必要な経費について5万円を上限に補助する。

対象経費:持ち帰りや配達事業の実施にあたり作成したチラシなどの印刷費、容器等の購入費、配達の燃料費等

担当:商工観光課

テイクアウト等事業支援補助金

3.事業継続緊急支援

中小企業者等支援給付金

 市内事業者の事業継続を支援するため、令和2年2月以降の売上が前年同月比5%以上減少した事業者に最大10万円を支給する。

対象:小規模事業者等

担当:商工観光課

中小企業者等支援給付金

家賃等支援給付金

 令和2年2月以降の売上が前年同月比5%以上減少した事業者に、事業を維持するための家賃(テナント料)を最大5万円支給する。

対象:市内事業所、個人事業主等

担当:商工観光課

家賃等支援給付金

更新日:2020年5月26日