「稲わら」「麦わら」「もみ殻」は焼却せずにすき込みましょう

 「稲わら」「麦わら」「もみ殻」の焼却は、煙による交通の妨げや火の粉の飛散による火災等、周辺住民の生活環境への影響が懸念されています。

 「稲わら」「麦わら」「もみ殻」は貴重な有機資源ですので、農地へすき込み土づくりに有効活用し、人と環境に優しい農業に取り組みましょう。

 なお、やむを得ず焼却する場合は、次のことを守りましょう。

【焼却を行う前】

・民家から十分に離れた場所で行ってください。

・風の強さ及び風向きに注意してください。

・大量の煙が発生しないよう、焼却物は十分に乾燥させてください。

・近隣住民の方々が洗濯物を干す時間帯は避けてください。

・近隣住民の方々に予め周知を行ってください。

・農業で必要な行為以外の焼却(ごみの焼却等)は行わないでください。

【焼却を行っている間】

・その場を離れないでください。

・少量ずつ焼却するようにしてください。

・煙や灰などが民家に向かって流れないよう注意してください。

・主要道路付近では、煙が通行の妨げにならないように注意してください。

・火の粉の飛散等には十分注意してください。

【焼却を行った後】

・完全に消火したことを確認してください。

 

 

 

この記事に関するお問い合わせ先
農政課
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(本庁舎1階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-577-8462
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2020年10月27日