長崎を取材する親子記者の募集について

長崎で、原爆の被害や平和の大切さを学び、新聞を作ってみませんか。

 

日本非核宣言自治体協議会会員自治体の小学生とその保護者が、被爆地長崎において被爆の実相や平和に取り組む人等を取材し、新聞を作成 します。 作成 した親子記者新聞は全国の会員自治体に配布して、 被爆の実相や平和の尊さを発信します 。

 

 

主催: 日本非核宣言自治体協議会(事務局:長崎市平和推進課)

日時: 8月8 日(水曜日)14時30分~11日(土曜日・祝日)12時

場所: 長崎市内(長崎原爆資料館等)

対象: 日本非核宣言自治体協議会会員自治体に在住する小学4~6年生とその保護者

     (鴻巣市は協議会会員自治体です。)

人数: 全国で9組(応募者多数の場合は抽選のうえ、決定者に連絡します。)

申込: 下記募集要項を参照のうえ、5月7日(月曜日)までにEメール   (info@nucfreejapan.com)へ提出してください。

平成30年度親子記者事業実施要領 (PDF:265.8KB)    

親子記者申込書 (WORD:42.5KB)

その他: ・長崎への旅費は支給します。

     ・参加決定者には、事前課題、滞在中の記事作成等のご協力をお願いします。

問合せ: 095-844-9923(長崎市平和推進課)

 

 

 

この記事に関するお問い合わせ先
自治文化課市民活動推進担当
〒365-8601
埼玉県鴻巣市中央1-1(本庁舎1階)
電話:048-541-1321
ファックス:048-577-8461
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2018年3月26日